開演を待ちながら

2002年から京都芸術大学 舞台芸術研究センターで刊行している機関誌『舞台芸術』をはじめとする京都芸術劇場/舞台芸術研究センターのアーカイブの中から、おすすめコンテンツを選び出して掲載しています。自宅で、電車のなかで、そして、劇場のロビーや客席 で、少し時間のあいた時に、ぜひご覧ください。市川猿之助、観世榮夫、太田省吾etc…

ディスカッション

f:id:shunjuza:20200508161102j:plain日本、中国、台湾で17 世紀に活躍した実在のヒーロー、鄭成功。父は中国出身で長崎県・平戸を拠点に活動していた海商、母は平戸出身の日本人。近松門左衛門作『国性爺合戦』の主人公(和藤内)として有名であり、史実では、「抗清復明」の旗印を揚げ、当時オランダの東インド会社の統治下にあった台湾に進攻し占拠中のオランダ人を追放した武人ということになっているが、その評価は日本、中国、台湾、そして時代により異なっている。
京都芸術大学舞台芸術研究センターでは、2017-2019 年度にかけて台湾・中国での鄭成功像の受容や日本の近代演劇史における「国性爺」の表象について研究を行った。その成果発表として2019 年12 月15 日に京都芸術大学で開催した公開シンポジウムをここに収録する。

 

 

ディスカッション

ワン・チョン、木ノ下裕一、高橋宏幸、新田幸生、久野敦子、森山直人

 

「複雑さ」そのものを描く

森山 時間が30 分しかないのですが、ともかくまとめのディスカッションを始めたいと思います。ここまでの段階で様々な論点が出てきました。それらを一つずつ掘り下げている時間は残念ながらないので、ひとまず今日のゲストのお二人から、今までの議論の感想、特にこの点についてもっと話したい、ということがありましたら、ぜひお話しいただきたいと思います。まず、ワン・チョンさんからお願いします。

ワン 私としては現代において『国性爺合戦』を上演するには、どんなことを考える必要があるか、どんなディレクション、どんな方法があるのかという話が続けられたら嬉しいと思います。

 今日のこの会も刺激的でしたし前回、京都に来た時も様々な資料を見せてもらいました。今回のこのシンポジウムを聞いて私が感じたことからアイデアを膨らませるとしたら、今までにもお話している通り『国性爺合戦』、鄭成功という題材について誠実に向き合おうとすると本当に難しい。なかなかそれが解決できない。ですので、もしかしたら方法として、いかに複雑で難しいかを舞台に上げるしかないのかなと思います。色々な人、視点がありますのでフィクションではなく、それをドキュメンタリー演劇のような手法で色々な人が舞台に上がって、其々が其々の立場や視点から『国性爺合戦』の思いや難しさを語る。そして、これまでに作られた様々な作品の中から違うシーンを上演し、其々のシーンの難しさや今となってはこういうことだとその場で話していくやり方です。現在において考えられる多様性の中でやるために、台湾人、台湾の先住民、中国人、日本人、オランダ人全てを舞台に上げる演出を考えるのが一つかなと思います。

 今お話したのは非常に正直と言いますか、一番誠実な回答になると思います。しかし正直さに欠ける、少し違った見方からやるとしたら、これは二年前に京都に来た時にも提案させていただいた案で、もしかしたらこの方法もありえるのではないかと今も思っています。先ほど木ノ下さんが、木ノ下歌舞伎では昔の題材を今の観客に対してリクリエーション、作り変える形で上演するスタイルのお話をされていましたが、やるとすれば一つの観客、たとえば日本において日本の観客にどう観られるかを考えるしかないということだと思います。そうすれば日本の観客のみを想定しながらも『国性爺合戦』が持っている国際性というものを表現することはできると思います。

 また、例えば現代的な設定に置き換えて、例えば中華街にいるマフィアたちのお話にする。日本の中の中華街で起こっていることなので、それは日本のお話であることに変わりないわけです。その登場人物の中に古くからの王朝を代表するような存在がいて、そこから新しい時代に変わっていくような存在がいたり、そこには日本人も中国人も登場して国籍の上でもミックスされている和藤内のような存在もいる。

全く現代的な、今あるできごとに全部、置き換えていくということは不可能ではないと思うんですね。そうすると元々の近松の『国性爺合戦』に描かれているような要素、自己犠牲の要素、血なまぐさい乱闘のシーン、ファミリー、ホームドラマの要素も全部入れ込んで全く新しい現代演劇として作ることもできなくはないなと思います。それはある意味、近松の『国性爺合戦』に近い要素を持ったものだと思います。ただし、これは『国性爺合戦』の後に起こった様々な歴史的要素、中国、台湾の人が苦しんだ歴史の重み、植民地時代の事とか日本が持っている責任についても全く無視してやることになるので、先ほど私は誠実で無いやり方と言ったのですが、演劇でのアプローチの一つとしては面白いかなと思います。

 

「史実」と「物語 」のはざまで

森山 ありがとうございました。ここですぐに木ノ下さんのレスポンスがあるといいのですが、時間が足りないので、先に新田さんのご意見をお願いします。 

新田 個人的な意見としてはワン・チョンさんとは似ていると思います。最初から考えていたのは一体、誰の鄭成功ですかということです。国姓爺や鄭成功という人物には色々な解釈があって、本当の歴史、また本当の事実とずれている部分も多いかなと思います。

 例えばこの資料の年表を見ると、これは中国、台湾の人が作ったものではなく日本人が作ったものだと分かります。一つの理由は、鄭成功の本名は鄭森で、一六四五年に国姓爺になる年に当時の皇帝から名前をもらいました。その時の名前は成功でした。なぜ、鄭森から成功になるのか。成功というポジティブな意味もありますが、言語から見ると実は鄭成功が話している原語は今の北京語ではなくて恐らく閩南(ミンナン)語、中国の南の閩南語ですから台湾語という言語でした。鄭森の名前を台湾語で言うとチン シン。鄭成功だとチンシンコンとなります。だからチン シンからチンシンコンになりました。国姓爺の「国」は王様の意、成は苗字、そのときに王様から「朱」という苗字を貰いました。ですが苗字と名前をもらっても朱成功ではなく鄭成功としたのは、恐らく鄭成功本人が王様と同じ苗字にするのは失礼かと思ったからで、一時期、国姓成功と言う名で活躍しました。

 この表を見ると名前だけでも色々違う解釈、実際の歴史とちょっと違う部分もあります。こういった国際共同制作をする時、鄭成功というものを実在した人物としてクリエイションするか、演劇のキャラクターにするか二つの選択肢があると思いますが、鄭成功はアジアのいくつかの国の中で大事な存在だと思いますので、どうやって現代演劇の手段としてキャラクターの人間性を作るのか、鄭成功自分のアイデンティティという悩みもあると思ったんです。

 今回の国際交流の企画の中で、いくつかシンポジウムやディレクションを通してそういうテーマができたらいいなと思います。 

森山 今のことに関して、高橋さんご意見ありますか? 

高橋 私は、『国性爺合戦』もしくは鄭成功の物語を上演することにポジティブな意見を持っています。確かに、木ノ下さんがおっしゃった通り『国性爺合戦』のストーリーと鄭成功という歴史的・政治的な人物の位置、さらには中国、台湾、日本という三つの場所で同じ作品を上演することは、とても難しい。でも難しいから、その障害を看過して上演をする、もしくはあきらめるのではなく、あくまでこの問題を引き受けて、どのような形であれ、上演することが、『国性爺合戦』を現代において上演することの意義だと思います。逆に言えば、『国性爺合戦』には現在の国際関係や歴史性が刻印されている、またとないテクストでしょう。いつか三つの地域の国際関係が変われば、鄭成功の位置も変わる。でも、現在の東アジア地域が抱える問題として上演をするのは、いましかない。それは『国性爺合戦』のアダプテーションが、それぞれの時代の表象を背景にもっていたことと同じです。

 もしくは、日本という場所で上演することも、視点を変えてみると、台湾と中国という二つの場で引き裂かれた鄭成功を、第三極のような立場で上演する試みかもしれない。日本の『国性爺合戦』は、ナイーブなエキゾチズムの発露かもしれませんが、政治をこえる緩衝地帯のような場所ということもできる。二つの場所では、どちらかの立場を代表しなくてはいけないが、オルタナティブとして第三の場所だからできることもある、と思いました。

久野 鄭成功という史実の人物と、近松門左衛門の『国性爺合戦』の国性爺が同一人物であるところに面白さと難しさがあると思います。史実とフィクションを分けることで、上演の可能性は拡がると私も思いました。例えば、レクチャー・パフォーマンスや、ドキュメンタリー・シアターのような方法です。

 もう一つ思いついたのは史実とフィクションを並行して提示しながら上演する方法です。先日、『グリークス』(KUNIO15『グリークス』2019 年11 月)という10 時間の演劇作品が春秋座で上演されました。ギリシャ悲劇を近代劇に書き替えたものではありますが、古典であるギリシャ悲劇を現代の物語として観客に伝えるところに演出家の解釈と工夫があり、成功していたと思います。もしかしたら歌舞伎の『国性爺合戦』と史実をもとにしたドキュメンタリー、レクチャー・パフォーマンスをサンドウィッチにして10 時間ぐらいかければ上演できるのではないかなと。『グリークス』方式で『国性爺合戦』を上演するという無謀なことを考えたりしました(笑)。

 本日のシンポジウムで重要なポイントを改めて学びました。中国から来られた演出家と台湾のプロデューサーお二方から、同じテーブルでお話を伺うことができたということです。日本だから実現できたのだと思います。近松門左衛門の『国性爺合戦』という物語がお二人を呼ぶきっかけになり、研究会で、共同で作品をめぐる問題を考えるきっかけになったわけです。そういう意味で、本作品の重要性を再認識しました。

 新田さんから、時代によって史実の人物の評価は変わっていく、「移行正義」というお話がでました。ワンさんは、「いたいけな少女が歴史により色々なドレスを着せられて変わっていく。鄭成功を一人の人間にしなくてはいけない」という話をされていました。今上演をするとしたら、その指摘は非常に重要であると思いました。

 

成功から浮かぶ歴史と、鄭成功が問う現代

森山 木ノ下さん、今までのところでいかがですか。

木ノ下 企画を立ち上げる時には、慎重さと同時に無責任な勢いというものが必要なんですね。『国性爺合戦』をいつかはやりたいと思っていましたが、こんなにも難しい演目だとは思ってなかったんですね(笑)。あまり調べずに「やりましょう!」と企画してやっていれば、窮鼠猫を嚙むではありませんが、やっているうちに死に物狂いでできたのかもしれませんが、このような研究会で考える機会をいただくと、どんどん難しさが見えてくるのかもしれません。

 様々なご提案をいただきましたが、僕も全く同じで、つまり近松の『国性爺合戦』のくくりの中で上演することに本当に意味があるのか。レクチャー・パフォーマンスに近いかもしれませんが、例えば、日本の和藤内と中国の国姓爺と台湾の鄭成功三人が現れて喧嘩するというお芝居(笑)。三者それぞれ見解が違いますから、こっちが正解、あっちが正解というのを三人の主人公たちが繰り広げる。そういったものを含めて演劇として見せるということなら、もしかしたら可能かもしれないなといたしております。

 日本だから、こういうシンポジウムができたという側面もあるので、日本で上演するのが一番、いろいろな意味でハードルが低いのかもしれませんが、日本の観客だけを対象にするのではなく、色々な広がりの中で鄭成功が立ち上がってくる。その背後にアジアが背負った歴史が浮かび上がってこなければ、鄭成功を扱う意義はないかなという気がいたしました。 

森山 ありがとうございました。いま、木ノ下さんから「勢い」という言葉が出ましたが、確かに「作品」を作るにはそういうものが不可欠かもしれませんね。最初の着想が「勢い」を得て飛び出し、その後で思考を重ねて「冷静」になる。そこから、作品化へのエネルギーをあらためてどのように獲得していくのか、という問題は、そう簡単ではないかもしれません。とはいえ、三つの鄭成功が喧嘩して、最後に虎が仲裁するのは、良いアイデアではないか。近松では、あんなに理不尽に痛めつけられまくった虎が、最後に和解の天使になって登場する(笑)。

 もうあまり時間がありませんので、まとめに入らざるを得ないのですが、ともかくこれまでこの研究会を三年間続けてきて痛感したのは、鄭成功という主題が、ここまで膨らむことになろうとは、当初は予想もできませんでした。そして同時にまた、この面白さを「演劇」というメディアで表現する時、プロデュースする立場からは、明らかに多くの困難もある。この困難こそが、避けては通れない「現代演劇」における「現代性」であることは間違いありません。いいかえれば、そうした「現代性」に立ち向かうことで、「現代演劇」は、「演劇」というメディアがどのようなメディアなのか、という本質的な問いに応答することができるのではないか。そのことが、「鄭成功」が私たちにもたらしてくれた予期せぬ贈り物であったようにも思えます。ワン・チョンさんは、「more earnest approach」、「less earnest approach」がある、とおっしゃいました。「より多く誠実なアプローチ」を取るにせよ、「より少なく誠実なアプローチ」を取るにせよ、作り手の選択とその根拠が問われることになるでしょう。

 その際、新田さんがおっしゃったような問題も必然的に出てきます。「演劇」の主人公や登場人物は、ふつうは分かりやすい一つの名前を観客に対して示すものですが、鄭成功の場合、そう単純にはいかない、ということが、もしかすると、逆に現代演劇の可能性を広げることになるかもしれない。「中国」「台湾」「日本」、という、現代人の感覚では明らかに三つの国・地域に関係していながら、その実、どこにも属していない鄭成功を、私たちはいったいどう呼べばいいのか・・・。

 とりあえずの終わりを迎えつつありますが、今日のパネリストの方で、この点だけは話しておきたいとか、この点を聞いておきたいというのがありましたら、それを伺って本日のシンポジウムを終わりたいと思います。

ワン 二年ぶりに参加したわけですが、この場にいられることが本当に楽しく、新しく学んだこと復習できたこと様々あり、ここからどうなっていくのかを私も見届けられたら嬉しく思います。

森山 ありがとうございます。あらためまして、今日、最後までお付き合いいただきましたパネリストのみなさん、オーディエンスのみなさん、本当にありがとうございました。